唐津での法事と旧高取家住宅

6時にいつものようにラジオをつけると様子が違いました。
東北にまた震度5弱の地震があったようで津波に関する注意の報道が大きくされていて驚きました。
だれもが三年前の東北地震を思い出したことでしょう。
7時現在まだ津波は60センチほどですが油断できないとのこと、何事もないことを祈ります。


先週の週末、佐賀県の唐津で主人の母の17回忌が行われました。
唐津は母との思い出がいっぱいあるところなのです。
亡くなる前の年まで、40年近く夏になると兄弟とその家族が集まって夏の1週間を過ごしました。
6人兄弟と家族ですからみんな集まれば20人以上になります。
従妹たちが仲良くなったのも小さいころけんかをしながら、寝起きを共にしたからだと思います。
その従妹たち,甥や姪の子供たちがまたそのころのように集まりました。
家族仲良くが財産と言われていた母の教え通りみんな仲良くしていますよ。

遠浅の唐津の海は小さい子も安心して遊べます。
ホテルの部屋からこうやって海辺で遊んでいる子供たちをよく見ていました。
IMG_4463.jpg


唐津シーサイドホテルも少しづつリニューアルして私たちが泳いでいたプールもなくなっていました。
IMG_4484.jpg


次の日甥っ子の一人がふるさと納税を佐賀県にしたということで魚釣りのプレゼントがありました。
DSCF8179.jpg


船で沖まで行って釣ったのですが私は鯛一匹だけ、主人はゼロでした。
でも他の人が釣った魚を大量もらって帰って、夜中まで調理していました。
DSCF8174.jpg



そして国指定重要文化財 旧高取家住宅に行ってきました。
素晴らしい建物とそのころの生活がそのまま残っていて、案内の方の説明を興味深く聞かせていただきました。
残念ながら中は写真禁止でした。


旧高取家住宅
杵島炭鉱などの経営者として知られる、高取伊好(これよし)が明治37年に建てた邸宅。和風を基調にしつつ洋室をもつなど、近代和風建築の特色をもつ一方、室内に能舞台を設けるなど他に類例を見ない特色をもつ。

また、杉の戸板に絵を描いた杉戸絵や、欄間などの内部意匠も優れている。明治期の和風木造住宅としては規模が大きく、特に佐賀県内においては最大級で、良質な材料をふんだんに使用し、意匠的にも優れた住宅建築として貴重である。


DSCF8184.jpg


DSCF8182.jpg
ブログランキングに参加しています ♪
バナーをクリックしていただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村花ブログ ガーデニングへ FC2ブログランキングへ

Comment

綺麗な静かな海ですね~唐津という所!!
好い所ですね~
宝物のような言葉がいっぱいあって・・しみじみと拝読致しました。
『家族仲良くが財産』『亡くなる前の年まで40年近く・・』『6人兄弟がみんな集まる』『夏の一週間』・・・
お母上の器の大きさや考え方、きっと分け隔てなく子供達を暖かく見守られていたからでしょうね~
こういう事って其々の子供達も勿論ですが、親の姿勢がとっても大事な事なんですよね~
みんなが気持ち良く集合出来る!!その事自体が素晴らしいですよね。
一週間も一緒にいれば従兄妹同士仲良くなりますよね~
不思議と従兄妹というのは友人とは違うんですよね~
本当に『家族仲良くが財産』だと思います。

遠浅で砂浜も海も静かで子供達が遊ぶには本当に最高の場所ですね!!
魚釣りも旧家の見学も良い時間を過ごされた感じ♪~イイネ!!
鯛・・これだけあれば、お刺身、塩焼き、煮付け、、、美味しいね(笑)~
  • 2016/11/22 14:09
  • 山猿
  • URL
山猿さん
v-22山猿さん
兄弟がたくさんいるのはいいですね。
久しぶりの唐津ってこんなによいところだったと、あらためて思いました。
親に感謝ですね。

山猿さんのお子さんたちも皆さん仲良くていいですね。
お孫ちゃんたちが大きくなってまたその子供たちと交流ができてどんどん広がりますね。


  • 2016/11/23 10:43
  • masako
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)