熊本大震災 益城町の様子

ゴールデンウイークも終わり雨の月曜日を迎えました。
亀裂のひどい山々も霧に煙ってぼんやりしか見えません。

昨日は地震以来初めての競り市が開かれると聞いてさっそく行ってみました。
植木もお客さんも少なくて…でもやっぱりたくさん買いました。

カルミア ドドナエア 夏咲きカリカンサス 黒ローバイ オオヤマレンゲ フジ フウチソウ アジサイ バラなどなど

雨がポツポツきはじめたので、急いで帰って新しい庭に植えました。
結構な雨の中、7時近くまで頑張って植えましたよ。



競り市に行くにはいつも益城町を通って行きます。
その通り道、見慣れた街並みが一変していました。
道路沿いに断層があったのでしょうか、ひどい崩れ方です。
断層という言葉は知ってましたが、今回の地震で初めて目にしました。
自分の住んでいるところに断層があるなんて誰も知りませんよね。
たとえ知っていてもこんな風になるなんて誰も想像しなかったと思います。

近くの避難所にはまだたくさんお方がくらしています。
私たちの出来ること、みんなで考えましょう。

20160509061815abe.jpg



2016050906181710b.jpg



201605090618187ac.jpg






20160509061819fff.jpg









2016050906182137f.jpg



20160509061848fe5.jpg



201605090618496b6.jpg



20160509061851b1a.jpg



20160509061852a78.jpg



201605090618542b8.jpg
ブログランキングに参加しています ♪
バナーをクリックしていただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村花ブログ ガーデニングへ FC2ブログランキングへ

Comment

凄いですね!!
震度7という揺れは・・私は以前『起震車』で体験した事がありますが、地面自体が揺れ断層が起こる・・これは単に『揺れ』だけの問題ではありませんものね・・・
家を建てるにも『震度7』を想定した建築は普通の家では考えませんものね・・
ましてや自分の土地に断層があるとかないとか・・・それも考えませんものね・・・

断層が起きている土地に家を建て替えたとしても・・・怖いですよね。そこに住み続けよう・・という気持ちも薄れていきますよね。

自分の身に置き換えて考えて・・『どうしよう』という気持ちでしょうね~
なんでこんなに痛めつけるのか・・人生の中でなんでこんな事が起きるのか・・一軒一軒のお宅の方々の悲鳴が聞こえてきそうな感じです。

  • 2016/05/09 09:48
  • 山猿
  • URL
凄まじいですね、何度も映像で見ていた光景。

私の住んでいるところに、震災公園があります。
神戸の震災の後に300億近い税金で建てられたものです。
当時の震度を起こし実際に建物が、
どこまで耐えられるかを実験するところです。

東北地方の地震後に有名になった地震に強い家
某ハウスメーカー等々もありましたどこまで耐えるとか、
鉄筋コンクリートの製品を実験台に乗せて
その様をテレビなどで紹介されていました。

その後から全国あちこちで大きな地震が繰り返し起こり始め
あそこの建物は大丈夫とか免振構造のなされたマンション
ここ二十年で安心安全を求めるものも沢山生まれました。

しかし、どんな丈夫な家もこの断層には…
山猿さんが云われるように『どうしよう』という気持ちでしょうね!
避難者数が、まだ数万人。
安心安全が、崩れる中どこへ逃げればと考えさせられる今回の地震
でもそれを受け止めなければいけないのですね。
山猿さん
v-22山猿さん
誰もが自分のところに起きるなんて考えてないですよね。

震度7でもそれだけだったら耐えられる家がほとんどではないでしょうか。
この断層帯があるためこうなるのですよね。
日本全国にある断層帯を公表したらパニックになるかもしれませんね。
  • 2016/05/10 05:34
  • masako
  • URL
紫さん
v-22紫さん
3週間たってもまだ何も手がつけられない状態です。
すぐちかくには避難所になっている中学校があってたくさんの車がありました。
まだ車の中で寝ている方も多いのでしょうね。
  • 2016/05/10 05:44
  • masako
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)