サント・シャペル

サント・シャペルとは「聖なる礼拝堂」という意味で、パリの中心部、シテ島にあるゴシック建築の教会堂。
ゴシック建築が最も輝かしかった時期の頂点ともいえる傑作、といわれている。

一昨年に来た時はすごい行列で見ることができなかったのです。
今回は50分ほど並んで入ることができました。
入って細い階段を上りきると、一面のステンドグラスが広がる。
聖書の絵物語になっているそうで、その素晴らしさは言い表せません。
ため息が出るほど鮮やかなステンドグラスに魅了されました。

20150129092123f35.jpg


20150129092124f3c.jpg


20150129092217230.jpg


201501290921264e9.jpg


201501290922193b9.jpg


20150129092127e28.jpg



20150129092129380.jpg


20150129092216ad0.jpg
ブログランキングに参加しています ♪
バナーをクリックしていただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村花ブログ ガーデニングへ FC2ブログランキングへ

Comment

礼拝堂のステンドグラスはどこの教会でも素敵だと思いますが、ここは立派で綺麗ですね~
上ばかり見る事になるけれど(笑)~ステンドグラスの為の構造建築そのものも凄い価値ですよね~
まさにゴシック建築の粋なのでしょうね~
ご主人の仕事について行かれるなんて羨ましい~好いなぁ~~
  • 2015/02/02 21:32
  • 山猿
  • URL
山猿さん
v-22山猿さん
このサント・シャペルはほんとに美しいと思いました。
1月なのに1時間くらいも並ばないと入れないのです。
だから観光シーズンはすごいことになるんですよ。

主人の仕事といってもこれからやりたいことの調査みたいなもので、これからどうなるのかわかりません。
私は遊び気分ですけどね。
  • 2015/02/09 16:33
  • masako
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)