‘平家落人伝説の村’椎葉へ行ってきました。

念願叶って宮崎県椎葉村に行ってきました。
平家落人が住み着いた村として有名ですね。

‘平家落人伝説’

 およそ800年前、壇ノ浦の合戦に敗れた平家の武士たち。追っ手を逃れて、各地のふところの深い山奥へ。
古文書「椎葉山由来記」は次のように伝えています・・・

 道なき道を逃げ、平家の残党がようやくたどりついたのが山深き椎葉だった。
しかし、この隠れ里も源氏の総大将頼朝に知れ、那須与一宗高が追討に向かうよう命令される。
が、病気のため、代わって弟の那須大八郎宗久が追討の命を・・・
 こうして椎葉に向かった大八郎、険しい道を越え、やっとのことで隠れ住んでいた落人を発見。
だが、かつての栄華もよそに、ひっそりと農耕をやりながら暮らす平家一門の姿を見て、哀れに思い追討を断念。幕府には討伐を果たした旨を報告した。
 普通ならここで鎌倉に戻るところだろうが、大八郎は屋敷を構え、この地にとどまったのです。そればかりか、平家の守り神である厳島神社を建てたり、農耕の法を教えるなど彼らを助け、協力し合いながら暮らしたという。
 やがて、平清盛の末裔である鶴富姫との出会いが待っていました。・・・


 いつしか姫と大八郎にはロマンスが芽生えました。
「ひえつき節」にもあるように、姫の屋敷の山椒の木に鈴をかけ、その音を合図に逢瀬を重ねるような・・・

 庭の山椒の木鳴る鈴かけて
 鈴の鳴るときゃ出ておじゃれ
 鈴の鳴るときゃ何というて出ましょ
 駒に水くりょというて出ましょ


 大八郎は永住の決心を固め、村中から祝福されます。
ところが、やがて幕府から、「すぐに兵をまとめて帰れ」という命令が届き、夢ははかな・・・

 和様平家の公達流れ
 おどま追討の那須の末よ
 那須の大八鶴富おいて
 椎葉立つときゃ目に涙よ


 このとき鶴富姫はすでに身ごもっていました。
しかし、仇敵平家の姫を連れていくわけにもいかず、分かれの印に名刀<天国丸>を与え、「生まれた子が男子ならわが故郷下野(しもつけ)の国へ、女ならこの地で育てよ。」と言い残し、後ろ髪を引かれる思いで椎葉を後にするのです。
生まれたのはかわいい女の子。
姫は大八郎の面影を抱きながらいつくしみ育てました。後に、婿を迎え、那須下野守と愛する人の名前を名乗らせたそうです。

 それにしても、なぜ大八郎は平家の落人を発見したとき、すぐさま討伐しなかったのでしょうか。
それほど哀れな姿に映ったのでしょうか。
それだけならとどまることなく黙って引き返してもよかったはずです。
椎葉に魅せられた作家の一人、吉川英治が「新・平家物語」の中で、椎葉をこの世の理想郷として描いているのが、ひとつの答かもしれません。

 敵も味方もない。富も権力も意味を持たない。
戦い、憎しみ合ってきた源氏と平氏の間に美しい恋さえ芽生える・・・
人間はなぜ争うのか?という問いの答を、椎葉での鶴富姫と那須大八郎の物語から学んでみようではありませんか・・・


ほんとに山が深く切り立った崖に家があります。
20131112-1.jpg


平清盛の末裔である鶴富姫が住んでいたお屋敷です。

椎葉村を代表する建築物で、前面に縁側が長く配置された寝殿造りで「並列型民家」と呼ばれる。
仏間、客間、寝室、茶の間、からなっている。
土間には雑穀をつく臼と石造りのかまども備えている。
平地が少なく、周囲を切り立った山々に囲まれた椎葉村にあって、この屋敷の様な一列型の造りは、この地に合った、古くから伝わる椎葉の建築様式として、村内に多く見受けられた。

20131112-2.jpg



20131112-3.jpg


20131112-11.jpg



20131112-12.jpg



雨もあがって行列が始まりました。
鎌倉時代にタイムスリップした一時でした。
20131112-10.jpg




20131112-4.jpg



20131112-5.jpg



20131112-6.jpg



20131112-7.jpg


連れていってくれた友人の姪御さんの民宿‘丹野’です。
鶴富屋敷と同じ「並列型民家」ですが、玄関からダイニングキッチンとなど居住スペースをリフォームされてモダンで快適な空間になっていました。
外国からのお客様が多いというのもうなづけます。
私も次回は宿泊させてもらいたいな、と思いました。

手づくりのケーキやフルーツティなどいただいて、すごく長い時間お邪魔してしまいました。
20131112-8.jpg



20131112-9.jpg





  ブログランキングに参加しています ♪
 バナーをクリックしていただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへにほんブログ村 花ブログ ガーデニングへFC2ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています ♪
バナーをクリックしていただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村花ブログ ガーデニングへ FC2ブログランキングへ

Comment

こんばんは
宮崎県にこのような場所があるのを初めて知りました。 お屋敷も立派な建物ですね。
以前、主人が単身赴任で宮崎県に行っていましたが 忙しいと言われて引越しした時に一度行っただけで行くことが出来ませんでした。今考えると もったいなかったですね。
  • 2013/11/17 19:13
  • himi
  • URL
‘平家落人伝説’
悲しい物語、「ひえつき節」に秘めた
想いが伺え
女性が、着飾り中心なお祭りなのが、
珍しいかもです。
私の住むこの地も平家の落ち武者が
隠った辺りらしく塚があちこちにあるんですよ。谷間から山間部って隠れ易いのかも^^;
素敵な旅でしたね。


himi さん
v-22himi さん
友人に誘われて私も初めて行きました。
調度紅葉もきれいで感激しました。
近くにあるのになかなか行けないものですね。
チャンスがあったらぜひ行ってみてくださいね。
  • 2013/11/21 21:18
  • masako
  • URL
紫さん
v-22紫さん
私も初めてだったのですが、紅葉がきれいな時でとてもよかったですよ。
‘平家落人伝説’なんて聞いただけでロマンを感じますよね。
あちこちにあるんですね。

紫さんはこれからまだ行事があるのね。
楽しいことで忙しいのはいいわ。
お疲れがでませんように。
  • 2013/11/21 21:26
  • masako
  • URL
カギコメさん
v-22カギコメさん
どこか隅の方にでも。
寒くなってくるとなんだか淋しくなりますね。
  • 2013/11/21 21:30
  • masako
  • URL
「ひえつき節」の唄の意味合いにこのような物語があったのですね~
知りませんでした・・・
歴史的な背景が判るとその地の文化がより判る感じがします。
茅葺のどっしりとした大きな家ですね~
外回りも素敵ですが、お家の中も板戸や囲炉裏や釜戸、無垢の材が歴史的重みを感じさせますよね~
好い旅をしていますね~イイネ!!
  • 2013/11/22 22:32
  • 山猿
  • URL
山猿さん
v-22山猿さん
お返事遅くなってごめんなさい。

孫のお宮参りで大阪に行きそのまま横浜に行ってきました。
サベージというグループサウンズの50周年記念コンサートなどもあって楽しかったです。

阿蘇はすっかり冬枯れです。
  • 2013/12/07 17:36
  • masako
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)