古都アヴィニョン 法王庁宮殿からアヴィニョン橋へ

中世の城壁に守られた古都、アヴィニョン ゆったりと流れるローヌ川が絵のように美しい。

1334年から1352年かけて建てられた、ヨーロッパ最大のゴシック宮殿。
壁の高さは50メートル、厚さ4メートル。
この強固な外壁で囲まれた法王庁全体の面積は1万5000平米と、とにかく大きい。

フランス革命の際に破壊されたため内部はがらんとしているが、日本語オーディオガイドを聞きながら巨大な迷路のような部屋から部屋へと歩いていると、かつての法王の豪華な生活が想像できる。

アヴィニョンがこんなに古い時代に栄えた古都ということを知らなかったのでほんとに驚いたり、感激したり・・・でした。

20130702-01.jpg



20130702-02.jpg



20130702-03.jpg



20130702-04.jpg



20130702-05.jpg



20130702-06.jpg



20130702-07.jpg



20130702-08.jpg



20130702-09.jpg


「アヴィニョンの橋で踊ろよ、踊ろよ・・・・」という歌で世界中にその名を知られるアヴィニョンの橋。
12世紀の完成当時は向こう岸の塔まで続く全長900メートルの橋でした。
度重なるローヌ川の氾濫で、現在は4本の橋桁と橋を造った聖ベネゼを祀るサン・ニコラ礼拝堂を残すのみとなっています。

20130702-10.jpg



20130702-11.jpg



20130702-12.jpg



20130702-13.jpg



20130702-14.jpg




 ブログランキングに参加しています ♪
 バナーをクリックしていただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへにほんブログ村 花ブログ ガーデニングへFC2ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています ♪
バナーをクリックしていただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村花ブログ ガーデニングへ FC2ブログランキングへ

Comment

素敵な旅行でしたね、
エリックさんのお住まいを準備して待っていてくださる
お心使いは、masakoさんがホームスティを受け入れされた
おもてなしに対しての感謝の表れですね。
人生の中で沢山の方と接し、その都度大切に
一人一人の方と向き合ってお付き合いされてきた証しです。
何事にも妥協しないmasakoさんが、素敵なんだわ!!
ガイドツアーでは、見る事のできない
プランニングの旅を楽しませていただきました。
私も一緒にたたずんで居る気分味わいましたよ。

ちっとも実行できないmasako邸訪問・・・
何時になるやら・・・気長に待っていてくださいね。
紫さん
v-22紫さん
そのころいろいろな外国の方がよくホームステイしてくれました。
その中でも一番長かったのがエリックでした。
私たちたいしたことは何もしてなかったのでなんだか申し訳なかったみたtでし。

ほんとツアーではできない体験をさせてもらって感謝です。
忘れていることもあって思い出しながらアップするのもいいですね。

また行きたい!   くせになりそうです。
  • 2013/07/04 11:09
  • masako
  • URL
古代の建造物って今の時代より技術的には遅れている筈なのに、そんな事を感じさせない造りですよね~
しかも大きくて装飾的にも素晴らしいし、まるごと石や大理石を使うというこの技はどうやって造られたのか・・・ホント尊敬してしまいます。
時間に追われない本当に良い旅をしておられますね~
海外旅行って帰ってくると又行きたくなる・・そんな気持ちにさせますよね~
  • 2013/07/04 14:27
  • 山猿
  • URL
Re: タイトルなし
v-22山猿さん
すごい、ほんとにすごいって私たちが何度も言っていたらしくエリックが真似するようになりました。
ほんとにすごいんですよ。

日本語のガイドさんがいるわけではないので、うちに帰ってからいろいろ調べ直しています。
ほんとは行く前にすることですよね。
  • 2013/07/05 00:17
  • masakominamiaso
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)