HAWSのジョウロと多肉たち

HAWSのジョウロをやっと買いました。
首が長くて下向きになっているところ。
注ぎ口が細かくて絹糸のような散水が気にいった!

欲しかったから嬉しい!
あしたから水遣りが楽しくなるわ。


<<ホーズ社の歴史>>

1885年、園芸家でもあったジョン・ホーズによって創業されたホーズ社は翌86年ウォータリングポットを改良し特許を申請します。
それによると『かってないこの新しい形は持ち運びと水やりを簡単にし、同時に大量散水が可能で付属品も揃えたものである。』とあります。

この時作られたウォータリングカンは完璧なバランスに仕上がり、満水時でも、半分でも、空の状態でもユーザーにストレスをかけないデザインでホーズ社は大きな発展を遂げます。
当時、ウォータリングカン(如雨露)と言えばすべて手作りだっただけに、このホーズのデザイン、大量生産は忽ちマーケットの注目を浴びます。
 セールスは上向き、ロンドン近郊や地方都市の温室栽培家、英国中の造園家に広まっていきます。
今日でもオリジナル・デザインはほとんど変わる事なく続いています。

HAWSのジョウロ




4年前多肉がマイブームでした。
こんなウエルカムボードやリースを作ったのに。
多肉のボード

多肉のリース




今では忘れられて片隅で好き放題に伸びています。
多肉


多肉


多肉




 ブログランキングに参加しています ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 花ブログ ガーデニングへFC2ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています ♪
バナーをクリックしていただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村花ブログ ガーデニングへ FC2ブログランキングへ

Comment

Comment Form
公開設定