蔵は江戸時代のものでした

主人の育った家の土蔵です。
残念ながらお宝は何もないのですが、修復したら面白いかもしれません。
町並み保存に役立てることになりそうです。

蔵



義母が30年から40年前に屋根を葺き替えた時鬼瓦に彫ってあるのを見つけました。
200年ほど前に建てたようです。
  文化13年(1816年) 子卯月  作者の名前もあります。
            
鬼瓦


裏です。

鬼瓦


時代劇にでてくるような扉ですね。

蔵の入り口 扉


<追記>
12月21日の熊本日日新聞に載っていました。

  まちを創る  古民家に再び命吹き込む 



 ブログランキングに参加しています ♪
 バナーをクリックしていただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへにほんブログ村 花ブログ ガーデニングへFC2ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています ♪
バナーをクリックしていただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村花ブログ ガーデニングへ FC2ブログランキングへ

Comment

すご~い!
masakoさんちは、旧家なんですね。
新聞にも載ったのですか?
こんな歴史のあるものは
大切に残さないといけませんね。

↓猫のみーちゃん、可愛がってもらっているのですね。
木登りが得意だなんて、さすがお外ニャンコだわぁ。
我が家のみーちゃんは、外に出すだけで
固まってしまいそうですよ(ーー;)
ご主人、動物好きさんなのですね。
我が家の主人は、完全な犬派で、猫は呼んでも来ないし
今まではあんまり関心がないようでしたが
最近は、とても可愛がるようになったのですよ(^^;)
みーちゃん、masakoさんのお庭でのびのび暮らして幸せですね。
寒い冬は、どこで寝ているのかしら・・・。
みーさん
v-22みーさん
旧家というのが古い家というのならほんとにそうです。
でもそんな古い家をなんとか残してもらえるようなので、亡くなった義母も喜んでいるでしょうね。

うちのみーちゃんは庭中走り回って元気いいこと。
主人は猫でも犬でも鳥でも何でもかわいがります。
でも家の中で飼うのはいやなんですって。
デッキにハッポウスチロールで小屋を作ってもらって毛布に包まって寝ています。
でも寒いでしょうね。
  • 2011/12/21 23:08
  • masako
  • URL
大事にしたいお家やお蔵ですよね~
文化財として維持していくのは大変だけれど
保存して下さるのは嬉しい事ですよね!!
それだけの価値が充分にあるとこの写真からも伺えます!!
重厚な扉、閂、由緒ある鬼瓦、お蔵の漆喰、、、どれを見ても見飽きません。
まさこちゃんちのルーツがここに存在するのですから歴史的にも大事に保存していって下さい。
お蔵の半分よりしたのなまこ壁は珍しい形ですよね~
伝統ある物は何でもない物でも目が釘付けになります。
きっとお庭の敷石や置き石も好い感じなんでしょうねぇ~
このお家そのものがお宝ですね。イイネ!!
  • 2011/12/22 01:03
  • 山猿
  • URL
山猿さん
v-22山猿さん
他人には価値のないものでも家族にとってはお宝というものがたくさんありますよね。
お蔵でも茶室でも古いだけですけど、もし残されるのなら両親がよろこんでくれるでしょうね。
この付近は古い家がたくさんあって素敵な通りもあるのよ。
そんな町が大好きです。
  • 2011/12/22 22:04
  • masako
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)