ヤブデマリの赤い実とアガパンサス

一週間前から熊本の鶴屋デパートでイベントがあり忙しくしていました。
昨日と一昨日は真夏日になり、雨に慣れてしまった花たちにとっては過酷な日でした。
昨日の夕方はバラの植え替えと消毒をして、梅雨の合間のお仕事をしていました。 

それにしても雨の多いこと、いやになります。
鉢植えのバラや寄せ植えのもの、いただいたり買ってきたりしてまだポット苗のものは雨のあたらないデッキに避難させているのです。
もちろん晴れれば外に出します。
それなのに自然に枯れていくものがあるのです。
雨の多いこの地域では難しい苗がたくさんあって、知ってはいても今年こそと思ってしまうのです。
今年は雨に当らないようにしてやってみたけど、やっぱりだめでした。
これで本当にあきらめがつきました。
育てるのに難しいものはいくら好きでもストレスがたまるばかりですもの。

 
駐車場で大木になっているヤブデマリです。
オオデマリなどとおなじような虫が付くので、気をつけていないと葉がレース状になってしまいます。
でも今年は花もきれい赤い実もきれい。
今日気がついたのですけどね。
      20150630-01.jpg



      20150630-02.jpg


小型のアガパンサスは花付がいいです。
肥料も手入れもしないのにきれいに咲きます。
      20150630-03.jpg



今年はアナベルが折れません。
去年は200本くらい支柱したのに、強雨で折れたので今年は何もしませんでした。
過保護はいけないってことでしょうか。
      20150630-04.jpg
ブログランキングに参加しています ♪
バナーをクリックしていただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村花ブログ ガーデニングへ FC2ブログランキングへ