八千代座で人形浄瑠璃を見てきました。

八千代座で乙女文楽とあやつり人形を見てきました。

日本に古くから伝わる人形浄瑠璃には、大きく分けて、直接人形に触れて操る人形と、手で操る人形の二種類があります。
今回は糸あやつり人形(一糸座)と手繰りの人形(乙女文楽)の共演により、一度の公演で二種類の人形を楽しむことができました。
人形浄瑠璃も楽しみだったのですが、娘の三味線の先生、鶴澤寛也先生がが出演されたので興味が倍増しました。
そして毎年のおさらい会でお世話になっている、義太夫の竹本越孝先生と竹本綾之助先生も出演されました。
そのおさらい会で三味線と義太夫は聞かせていただいていましたが、浄瑠璃は初めての経験でした。
人形と人形を使う方が一心同体になって動く様子に魅入りました。

20170314174553d70.jpg


八千代座について

<八千代座(やちよざ)は、明治43年に、旦那衆と呼ばれる山鹿の実業家たちの手によってつくられた芝居小屋です。  
江戸時代の古典的様式の中にドイツ製のレールを使った廻り舞台など、充実した機能をもっていました。 
そのころの山鹿は交通の要衝として物流の拠点であり隆盛を極めていました。
八千代座は当時の豊かさの象徴であり、レベルの高い文化・芸能を楽しむ場として建てられたものです。 
明治44年に「こけら落とし」が行われ、各地より多くの有名な芸能人たちが来演し、大正・昭和にかけて観客を楽しませてくれました。 
昭和に入ると、テレビの普及などにより一時廃屋同然となってしまいますが、八千代座での数多くの思い出をもつお年寄りたちが中心になって復興運動を展開。 
その努力が実り、昭和63年に国指定重要文化財に指定され、以後全国にその名を知られることになりました。   
坂東玉三郎さんの公演や、この芝居小屋に寄せる山鹿の人々の情熱は、華やかだったあの頃を再び蘇らせてくれています>


20170314174559ce3.jpg


20170314174557d5b.jpg


2017031417455641d.jpg


201703141745558e1.jpg
ブログランキングに参加しています ♪
バナーをクリックしていただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村花ブログ ガーデニングへ FC2ブログランキングへ

雛祭り

横浜での雛祭り女子会です。
懐かしいお雛様を毎年娘が飾ってくれるので一年に一度会えてうれしいことです。

手巻き寿司やその他ご馳走があったのですが、写真を撮るのを忘れてしまいました。
この帯のセンターのブルーのところは鶴です。
一応酉年ということでこんなセンターにしました。
20170302103915fcd.jpg



義理の母の東北土産の10センチほどの小さなお雛様です。
石膏に綺麗な紙をはっています。
20170302103910278.jpg



義理の母の手作りの貝の合わせ雛です。
5人の女孫みんなにいただきました。
20170302103912640.jpg



ベトナムで刺繍してもらいました。
着物の柄が細い糸で絵が描かれています。
20センチ×30センチくらい。
201703021039454e1.jpg


座り雛の着物の柄も細かいんですよ。
2017030210391356a.jpg


娘の生まれた年に私の母が買ってくれたお雛様。
7段飾りで大きすぎるのでこの飾り棚に飾っています。
この棚は高さ2メートルくらいあります。
2017030210390997f.jpgむす
ブログランキングに参加しています ♪
バナーをクリックしていただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村花ブログ ガーデニングへ FC2ブログランキングへ

阿蘇神社の悲しい初詣

毎年新年のお参りは阿蘇神社です。

阿蘇神社は毎年、正月の三が日だけで10万人の参拝客が訪れていましたが、今年は地震の影響で大きく様変わりしています。
神社の拝殿や国の重要文化財である楼門が倒壊したほか、3つの神殿が大きく損壊しました。
その楼門は現在、雨などから資材を保護するための素屋根が取り付けられていて、約7年をかけて復旧する予定になっています。

桜のころの楼門がなつかしいです。
境内に地震前の写真がありました。
20170106103256f3c.jpg

それがこんなになってしまって・・・
20170106103258d06.jpg



その楼門は現在、雨などから資材を保護するための素屋根が取り付けられています。
201701061158218d1.jpg



楼門を抜けると初詣の方がこんなにたくさん列をなしていました。
地震前の写真です。
201701061032591fb.jpg



それが無残な姿になってしまいました。
201701061033017cd.jpg



今までは拝殿に隠れて見ることができなかった3つの神殿を目にすることができます。
拝殿が完成するまでの今しか見られない光景です。
201701061033021dd.jpg


仮の参拝所が設置されていました。
今年は地震に加えて阿蘇では噴火もありましたが、それを乗り越えて、来年は平穏な一年を迎えられるよう多くの人が願ったことと思います。
20170106114928f18.jpg
ブログランキングに参加しています ♪
バナーをクリックしていただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村花ブログ ガーデニングへ FC2ブログランキングへ

筋湯温泉

阿蘇市の体育館にサーカスが来る、と言われて、曲技団かとおもっていたら・・・
違っていました、コーラスグループのサーカスと庄野真代さんだったのです。
懐かしい歌やオリジナルの曲など二時間余り十分楽しませていただきました。
復興支援コンサート、とってもうれしかったです。

DSCF8038.jpg


そして私たちは大分の筋湯温泉へ。
小松別荘という古民家風の旅館です。
この奥の離れに泊まりました。
DSCF7939.jpg


二階やお茶室風の部屋があったり何人でも泊まれそうです。
大きな家族風呂ものんびりしてよかったです。
DSCF7934.jpg


夕飯です。
これからまだまだ出てくるのですが、とても食べきれませんでした。
DSCF7936.jpg


朝ごはん。
どれも私好みのお味でつい食べ過ぎてしまいます。
IMG_4421.jpg


そして近くにある小松地獄へ。
標高1,100メートルの大自然の中に吹き上がる蒸気と噴出する熱泥が不気味です。
DSCF7943.jpg


旅館で用意してくれた卵をこの中に入れて9分、美味しい温泉卵が出来上がりました。
DSCF7947.jpg


次は押戸石の丘です。
360度の絶景がありました。
太古のパワーを感じる、神秘なる巨石群。
シュメール文字が刻まれた石や不思議な磁気を発する石など、なんとも不思議な気持ちの良い空間でした。
DSCF7948.jpg



DSCF7954.jpg



DSCF7953.jpg



その後寄った小国の観光案内所で世界中を自転車で旅行しているオーストラリアからの若者に出会いました。
私たちのお節介が顔を出します。
南阿蘇に来たら連絡してね、と別れたのです・・・


二日後、来ましたよ。
前の日から急に寒くなったのでテント生活はたいへんだったようです。
うれしくなっていろいろ案内して、夕飯はすきやきを一緒に食べて、いっぱい洗濯して乾かして・・・
英語を理解できる範囲でたくさんおしゃべりしました。

DSCF7991.jpg



東南アジアから日本に来て、東京で買ったという自転車で北海道から四国、本州を経て九州に入ったそうです。

次の日、靴のうしろが裂けてしまったというので、何とか修理してあげて出発です。
DSCF8007.jpg




世界地図を見ながら説明されたのですが覚えきれません。
これからヨーロッパを回り、オーストラリアにはいつ帰るかわからないそうです。

DSCF7988.jpg


これからあのグリーンロードを通って熊本市内に行きます。
元気で出発していきました。

楽しい旅でありますように!
無事に帰れますように1

DSCF8013.jpg





ブログランキングに参加しています ♪
バナーをクリックしていただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村花ブログ ガーデニングへ FC2ブログランキングへ

橘家文蔵師匠の襲名披露

先日横浜に滞在中に娘と襲名披露の落語を聴きにいきました。
落語好きな娘がこの橘家文蔵さんの大ファンなのです。
襲名披露の落語会が毎日のようにありました。
ほとんど一ヶ月間毎日聴きに行っているのですから驚きです。
1時から5時までと長かったのですが、たくさん笑って楽しい時間でした。
因みに黒紋付の羽織袴の方が文蔵師匠です。

2016110121122272e.jpg
ブログランキングに参加しています ♪
バナーをクリックしていただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村花ブログ ガーデニングへ FC2ブログランキングへ